宮国淳
みやくにきよし

HOME | 日本の器-Japanese Potteries- | 宮国淳 みやくにきよし

木と漆の工房みやくにの宮国淳さんの漆です

宮崎県で制作されている宮国さんの国産材を使った漆のカトラリーは、口当たりが大変良く温かみの感じるカトラリーです。漆は塗り重ねて十分に乾かすことによって強度が増していきます。丁寧で時間のかかる作業は根気がいりますが、いつも丁寧で美しいカトラリーを届けていただけます。
 

 

 

1.漆ひのきティースプーン

SOLDOUT
長さ14cm 
宮崎県で作って頂いている漆のティースプーン(右側)です。口に入れる部分は漆の重ね塗りの後に丁寧に磨かれた滑らかな仕上げ、柄の部分は素朴な拭き漆仕上げです。コーヒーや紅茶のティースプーンの他にもプリンやアイスクリームのデザート用にもお使いください。滑らかな口当たりです。写真の木の器は高塚和則さんのくるみオーバル皿です。

 

 

2.漆ひのきケーキフォーク

長さ15cm 
宮崎県で作って頂いている漆のケーキフォーク(左側)です。口に入れる部分は漆の重ね塗りの後に丁寧に磨かれた滑らかな仕上げ、柄の部分は素朴な拭き漆仕上げです。ケーキやで果物用にぜひお使いください。優しい口当たりです。写真の木の器は高塚和則さんのくるみオーバル皿です。
  

 

3.漆子供スプーン 山桜材

長さ13cm 
宮崎県で作って頂いている漆の子供スプーン(右側)です。柄の部分は削り後が残った拭き漆仕上げ、口に入れる部分は漆の重ね塗りの後に丁寧に磨かれた滑らかな仕上げです。出産祝いなどにも喜ばれます。また大人の方が携帯用にお使いしても・・写真の器は十河隆史さんの白釉デミ用ソーサーです。


 

4.漆子供フォーク 山桜材

長さ13cm 
宮崎県で作って頂いている漆の子供フォーク(左側)です。柄の部分は削り後が残った拭き漆仕上げ、口に入れる部分は漆の重ね塗りの後に丁寧に磨かれた滑らかな仕上げです。子供用スプーンと一緒に御祝にしても・・大人の方の果物用フォークにもちょうどよいです。写真のお皿は十河隆史さんの白釉デミ用ソーサーです。
 
 

 

5.漆スプーン ひのき

長さ19cm 
宮崎県で作って頂いている漆のひのきのスプーン(右側)です。口に入れる部分は漆の重ね塗りの後に丁寧に磨かれた滑らかな仕上げに、柄の部分は拭き漆仕上げです。カレーやシチュー、チャーハンなど様々にお使いいただけます。陶器と一緒にお使いしても当りが優しく音が出にくいです。口当たりがよく長く丁寧に使いたくなるスプーンです。写真の木の器は高塚和則さんのくるみオーバル皿です。
 

 

6.漆フォーク ひのき

SOLDOUT
長さ19cm 
宮崎県で作って頂いている漆のひのきのフォーク(左側)です。口に入れる部分は漆の重ねりの後に丁寧に磨かれた滑らかな仕上げ、柄の部分は拭き漆仕上げです。パスタフォークとして漆スプーンひのきとセットでお使いいただけます。陶器に当たっても音がしにくく器にも傷がつきにくいです。写真の木の器はくるみオーバル皿です。

 

 

7.漆箸(透明・赤) ひのき

長さ23cm 
宮崎県で作って頂いている漆の箸です。透明(奥・在庫1)と赤(手前・在庫2)の2色ございます。在庫限りのご提供となります。上品な箸で長く大事に使いたくなります。
 

 

 

8.漆レンゲスプーン ひのき

長さ17cm 
宮崎県で作って頂いている漆のひのきのレンゲです。漆の重ね塗りの後に丁寧に磨かれた滑らかな仕上げです。チャーハンやカレーなどに・・口当たりも良く気持ちの良いレンゲです。深さがあまりないのでお口に入れやすく、一般的なレンゲより使いやすく感じます。写真の木の器は高塚和則さんのくるみオーバル皿です。


 

9.拭き漆コーヒースプーン ひのき

長さ12cm 
宮崎県で作って頂いている拭き漆のひのきのコーヒースプーン(左側)です。削り後を残した仕上げで素朴な雰囲気です。在庫後4です。在庫限りのご提供となります。写真のカップとソーサーは松村英治さんのそばちょこと5寸皿です。
 

宮国さんの漆のお取り扱いについて

宮国さんの漆のカトラリーの洗い方ですが、普通にスポンジと洗剤を使っていただいて構いません。当店でご紹介しているびわこ(がら紡布)小は洗剤なしで汚れが落ちますので優しく洗いたい方にはオススメです。
食洗機の使用はお控えください。水洗い後は水気を拭き取り良く乾かしください。漆は紫外線に弱いため日の当たる場所での長期間の保管はお避け下さい。
長くお使いいただいて漆が減ってきたり傷がついて気になるようでしたら宮国さんが修繕を行なって下さいます、有償にはなりますのでご必要な際は一度ご相談下さい。
 
漆を丁寧に何度も重ねて乾燥させてを繰り返すため製作に半年近くかかることもございます。使うたびに漆が透明感を増し輝いていくのがわかります。ぜひ一度お試し下さい。
 
漆は1本の木から200g程しか採取できない貴重な塗料です、科学が進歩した現在でも漆のように木を保護しながらも呼吸を妨げない塗料は作ることができないそうです。自然が作り出すものはやはりすごいなと改めて感じます。
 

日本の作家の作品

日本の作家の器

Japanese potteries
日本の作家の作品

日本の台所道具

Japanese kitchin tools
日本の風土由来の雑貨

日本の雑貨

Japanese goods
日本人店主のブログ

店主のブログ

Blog of a store owner